六郷(読み)ろくごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六郷(秋田県)
ろくごう

秋田県中東部、仙北郡(せんぼくぐん)にあった旧町名(六郷町(まち))。現在は美郷(みさと)町の中央部を占める一地区。1891年(明治24)町制施行。2004年(平成16)千畑町(せんはたまち)、仙南村(せんなんむら)と合併、美郷町となる。旧町域は、東を岩手県に接し奥羽山脈の一部を占める真昼(まひる)山地、西部は横手盆地の東部にあたる。国道13号(羽州街道)が通じる。真昼山地に発する鞠子(まるこ)(丸子)川などの河川が横手盆地東縁で六郷扇状地を形成し、湧泉(ゆうせん)地帯に集落が発達する。開発は早く、中世は六郷氏の拠点であった。秋田藩政時代は雄物(おもの)川舟運の発達に伴って物資の集散地として、また羽州街道の宿駅として栄えた。良質で豊富な湧水は開田とともに酒、しょうゆの醸造業を発達させた。かまくら行事の竹打ちは300年以上の伝統を誇り、「六郷のカマクラ行事」として国の無形民俗文化財に指定される。六郷湧水群は「全国名水百選」に選定されており、ほかに六郷氏ゆかりの諏訪神社(秋田諏訪宮)などがある。[宮崎禮次郎]
『『六郷町明治百年史』(1968・六郷町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六郷の関連情報