コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六郷のカマクラ

1件 の用語解説(六郷のカマクラの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

六郷のカマクラ

小正月の11~15日に美郷町六郷で行われる鎌倉時代から続く行事の総称。蔵開き、天筆掲揚、鳥小屋、天筆焼きなどがあり国指定重要無形民俗文化財となっている。15日夜、町を南北に分け、長竹でたたきあう竹打ちが有名。

(2012-02-10 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六郷のカマクラの関連キーワード粥占小正月小正月の訪問者返り正月若木迎え被衣初め餅間臨時の祭門出笑顔國之誉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

六郷のカマクラの関連情報