コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同火力 きょうどうかりょく

大辞林 第三版の解説

きょうどうかりょく【共同火力】

電力多消費産業の成長による電力需要の急増を賄うために、また資源の有効活用とスケール-メリット追求を目的に、大口電力需要家と電気事業者との共同出資で設立された発電所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

共同火力の関連キーワードコールオイル・ミクスチャー共同火力発電会社電気事業者電気事業九州電力常磐炭田中国電力東京電力スケール共同出資新地町発電所勿来資源急増植田

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android