共同火力(読み)きょうどうかりょく

大辞林 第三版の解説

きょうどうかりょく【共同火力】

電力多消費産業の成長による電力需要の急増を賄うために、また資源の有効活用とスケール-メリット追求を目的に、大口電力需要家と電気事業者との共同出資で設立された発電所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共同火力の関連情報