コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同通信社と時事通信社

1件 の用語解説(共同通信社と時事通信社の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

共同通信社と時事通信社

両社の沿革は、1936(昭和11)年に発足した社団法人同盟通信社にさかのぼれる。同盟通信社が敗戦から3カ月後の45年11月に解散し、社団法人共同通信社株式会社時事通信社が創立された。現在の収入源の柱は、共同(職員1800人)が地方紙や放送局などメディア向けの記事配信なのに対し、時事(社員1100人)は金融・証券市場商品相場、行政動向の情報配信となっている。

(2006-11-19 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共同通信社と時事通信社の関連キーワード阪本経済史五島慶太職原抄沿革略記憲政史安座上真永山時雄Ⅱの部

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone