コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共有フォルダ きょうゆうふぉるだ

1件 の用語解説(共有フォルダの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

共有フォルダ

LANなどのネットワークにおいて、複数のユーザーパソコン間で共有して利用できるように設定したフォルダのこと。通常、共有フォルダには、アクセス権を設定しておける。たとえば、フォルダ内のファイルの閲覧は許可するが、ファイル名の変更やファイルの削除を禁止するといった細かな設定が行えるので、第三者による不正なアクセストラブルを未然に防げる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共有フォルダの関連キーワードサブネットネットワークアーキテクチャーネットワークカードネットワークドライブネットワークプロテクトリング型ネットワークインハウスネットワークテルネット電子ネットワークネットワークバイトオーダー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共有フォルダの関連情報