コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共鳴(シナジー)外交

1件 の用語解説(共鳴(シナジー)外交の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

共鳴(シナジー)外交

福田首相は10月の所信表明演説で「日米同盟の強化とアジア外交の推進が共鳴(シナジー)し、すべてのアジア諸国で安定と成長が根付くよう、積極的アジア外交を進める」と表明した。父の故赳夫首相は東南アジア外交で、心と心のふれあいを強調した「福田ドクトリン」を提唱。首相も日米関係とともに、中国、韓国などとのアジア外交を重視している。

(2007-11-21 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共鳴(シナジー)外交の関連キーワード政府演説代表質問安倍内閣安倍首相退陣所信読飛ばす地域活性化統合本部薬害C型肝炎集団訴訟消費者行政の一元化福田篤泰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone