共鳴トンネル効果(読み)きょうめいトンネルこうか(英語表記)resonant tunneling effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共鳴トンネル効果
きょうめいトンネルこうか
resonant tunneling effect

電子が絶縁層を通り抜けるトンネル効果の一種。2枚の薄い障壁層で量子井戸層をはさむと,量子井戸層に入射した電子波の多重反射が生じ,エネルギーの減衰なしに電子が障壁層を通り抜ける現象。量子井戸層の厚みが入射電子の波長の半分か,その整数倍のときに入射電子波と反射電子波が干渉し,入射電子のエネルギーと共鳴エネルギーが一致したときに発生する。二重障壁構造素子では,量子井戸層に垂直に電圧を加えた場合,電圧-電流特性に大きな非線型特性や負性抵抗が現れるため,共鳴トンネルダイオード,共鳴トランジスタなどの新しい量子素子の開発が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android