コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵具鎖の太刀 ひょうぐぐさりのたち

大辞林 第三版の解説

ひょうぐぐさりのたち【兵具鎖の太刀】

帯執おびとりに兵具鎖を用いた太刀。藤原時代から行われ、鞘さやを金銅・銀銅の板や透金物すきかなもので包み、覆輪をかけ、また彫金物を多用したものが多く、堅牢さと華麗さで兵仗ひようじようや奉納用として盛行したが、鎌倉中期以後威儀化して衰退した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兵具鎖の太刀の関連キーワード藤原時代兵具鎖太刀覆輪金銅