兵庫県たつの市(読み)たつの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕たつの〈市〉(たつの〈し〉)


兵庫県南西部にある市。
揖保(いぼ)川中・下流域に位置し、播磨灘(はりまなだ)に臨む。2005年(平成17)10月、龍野市と揖保郡の新宮町、揖保川町、御津町が合併して成立。旧・龍野市は江戸時代には龍野藩脇坂(わきざか)氏の城下町として繁栄。現在も町割りや武家屋敷などに往時の町並みが残る。新宮町・揖保川町は旧宿場町。地場産業が発達し、「揖保の糸」で有名な手延べそうめん、薄口醤油、鞄などの皮革製品が特産地。室津・岩見の両漁港は沿岸漁業の基地。海岸一帯は瀬戸内海国立公園に属する。綾部山の梅林、新舞子の海岸などの景勝地がある。北西部は上郡町・佐用町にまたがり、播磨科学公園都市が広がる。詩人・三木露風(みきろふう)、哲学者・三木清(みききよし)の出生地で、資料を集めた霞城(かじょう)館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県たつの市の関連情報