コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県三田市 さんだ〈し〉

1件 の用語解説(兵庫県三田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕三田〈市〉(さんだ〈し〉)


兵庫県南東部の市。
南は神戸市に隣接し、武庫(むこ)川上流域に位置する。1980年代から始まった北摂(ほくせつ)ニュータウン建設に伴い人口が急増、住宅都市として発展。中世以前は金心(こんしん)寺の門前町、江戸時代は三田藩の城下町として発展。酒造米の三田米、三田牛が特産品。電機・化学などの工業も盛ん。丹波立杭(たちくい)焼は国の伝統的工芸品に指定。多くのゴルフ場レクリエーション施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県三田市の関連キーワード兵庫県立大学尼崎伊丹香芝草加宝塚四街道神戸BALポートピアホール三田[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県三田市の関連情報