コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県佐用郡佐用町 さよう〈ちょう〉

1件 の用語解説(兵庫県佐用郡佐用町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕佐用〈町〉(さよう〈ちょう〉)


兵庫県西部にある町。千種(ちくさ)川、その支流の佐用川・志文(しぶみ)川流域に面し、岡山県と接する。佐用郡
2005年(平成17)10月、佐用郡の旧・佐用町、上月町、南光町、三日月町と合併して現在の姿となる。町域の約8割を山林が占める。上月城は戦国時代の武将、山中鹿之介(やまなかしかのすけ)ゆかりの城。江戸時代には出雲街道の宿場町として栄え、町並みに当時の面影が残る。もち大豆・ひまわり油・朝霧茶などが特産品。県立西はりま天文台公園には2メートル望遠鏡が設置されている。南部に、たつの市・赤穂郡上郡町にまたがり播磨科学公園都市がある。船越(ふなこし)山南麓の瑠璃(るり)寺は真言宗別格本山。船越山モンキーパーク、音楽堂スピカホールなどがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県佐用郡佐用町の関連キーワード千種区千種八千種千草ちくさちくさ座名古屋市千種文化小劇場千種[町]南光[町]千種庵(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県佐用郡佐用町の関連情報