兵庫県加古川市(読み)かこがわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕加古川〈市〉(かこがわ〈し〉)


兵庫県南部にある市。
加古川下流部に位置し、播磨灘(はりまなだ)に面する。東播磨地方の中心地。2002年(平成14)4月より特例市。古くから山陽道の宿場町。加古川の河港として栄えた。明治期、肥料・毛織物工場が進出。60年代以降、臨海埋め立て地に鉄鋼・機械などの工場が操業、工業化が進む。播磨の法隆寺と称される鶴林(かくりん)寺がある。西条古墳群は国指定史跡。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県加古川市の関連情報