コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県加古川市 かこがわ〈し〉

1件 の用語解説(兵庫県加古川市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕加古川〈市〉(かこがわ〈し〉)


兵庫県南部にある市。
加古川下流部に位置し、播磨灘(はりまなだ)に面する。東播磨地方の中心地。2002年(平成14)4月より特例市。古くから山陽道の宿場町。加古川の河港として栄えた。明治期、肥料・毛織物工場が進出。60年代以降、臨海埋め立て地に鉄鋼・機械などの工場が操業、工業化が進む。播磨の法隆寺と称される鶴林(かくりん)寺がある。西条古墳群は国指定史跡

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県加古川市の関連キーワード加古川兵庫大学オータムマラソン加古川加古川市民会館加古川マラソンスプリングマラソン加古川マルアイヤマトヤシキ 加古川店加古川[市]加古川善五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県加古川市の関連情報