コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県加古郡播磨町 はりま〈ちょう〉

1件 の用語解説(兵庫県加古郡播磨町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕播磨〈町〉(はりま〈ちょう〉)


兵庫県南部にある県内最小の町。加古(かこ)郡
南は播磨灘に面し、重要港湾東播磨港がある。町面積の3割が埋め立てによる人工島で、一般機械器具・化学工業などの工場が集積し播磨臨海工業地帯の中核をなす。漁業も行われる。JR山陰本線・山陽電鉄本線が通じる。大中(おおなか)遺跡公園には国指定史跡の大中遺跡、県立考古博物館、播磨町郷土資料館がある。「新聞の父」と称される浜田彦蔵(はまだひこぞう)(ジョセフ・ヒコ)の出身地で、銅像や記念碑がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県加古郡播磨町の関連キーワード龍野兵庫大学筑後南紀加古川市民会館加古川マラソンヤマトヤシキ 加古川店最小有効量最大最小の原理加古川[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県加古郡播磨町の関連情報