兵庫県加東市(読み)かとう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕加東〈市〉(かとう〈し〉)


兵庫県南東部にある市。
2006年(平成18)3月、加東郡の社町、滝野町、東条町が合併して成立。この合併により、加東郡は消滅。加古(かこ)川や支流の東条川が市内を流れ、河川に沿って河岸段丘と沖積平野が形成されている。市の北東部は清水東条湖立杭県立自然公園に指定されている。播州(ばんしゅう)米の産地で、ブドウ・ナスなどの栽培も盛ん。釣り針と鯉のぼりの生産で有名。JR加古川線・中国自動車道が通じ、内陸型の工場が進出。東条湖周辺には別荘地やテーマパークがある。西国三十三ヶ所第25番札所の播州清水寺(きよみずでら)、加古川の奇勝闘竜灘(とうりゅうなだ)、県立播磨(はりま)中央公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県加東市の関連情報