コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県加西市(読み)かさい〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕加西〈市〉(かさい〈し〉)


兵庫県南部にある市。
播磨(はりま)平野中部に位置する。古くは日本海側と瀬戸内海側を結ぶ要衝、物資集散地として繁栄。江戸時代から西脇市と並ぶ播州(ばんしゅう)織の産地。三洋電機とその関連工場が集中し、家電製品の製造が盛ん。ブドウ・イチゴや花卉(かき)、酒造米の栽培のほか、畳表の播州表(ばんしゅうおもて)生産が行われる。一乗寺三重塔は国宝、酒見寺(さがみでら)多宝塔は国の重要文化財に指定。玉丘古墳は国の史跡。兵庫県立フラワーセンターがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県加西市の関連情報