コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県南あわじ市 みなみあわじ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕南あわじ〈市〉(みなみあわじ〈し〉)


兵庫県南部にある市。
瀬戸内海東部にある淡路(あわじ)島の南西端に位置し、紀淡海峡に浮かぶ沼島(ぬしま)を市域に含む。2005年(平成17)1月、三原(みはら)郡の緑町、西淡町、三原町、南淡町が合併して成立。この合併により、三原郡は消滅。大鳴門(おおなると)橋で徳島県鳴門市と結ばれている。沿岸漁業、酪農のほか、野菜・果樹・花卉(かき)栽培も盛んで、レタス・タマネギの生産量は日本有数。地場産業に淡路瓦やタイルなどの窯業がある。電機・食品などの工場が操業。国の重要無形民俗文化財の淡路人形浄瑠璃を伝承する。国指定名勝の慶野(けいの)松原は、瀬戸内海国立公園に属する景勝地。淡路人形浄瑠璃資料館、県立淡路ふれあい公園、動物園・植物園のある淡路ファームパークイングランドの丘などがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

兵庫県南あわじ市の関連情報