兵庫県多可郡多可町(読み)たか〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕多可〈町〉(たか〈ちょう〉)


兵庫県中部にある町。加古川支流の杉原川・野間川流域の山間に位置する。多可郡
2005年(平成17)11月、多可郡の中町、加美町八千代町が合併して成立。酒造好適米山田錦(やまだにしき)発祥の地で、稲作のほか、シイタケや花卉(かき)栽培が盛ん。加美区岩座神の棚田は日本の棚田百選に選定されている。伝統工芸品の杉原紙や播州(ばんしゅう)織を特産。1947年(昭和22)、野間谷村(現・多可町八千代区)で、としよりの日を提唱。全国に広がり国民の祝日である敬老の日に発展した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android