兵庫県宍粟市(読み)しそう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕宍粟〈市〉(しそう〈し〉)


兵庫県中西部にある市。
揖保(いぼ)川上・中流域に位置し、北西部で鳥取県・岡山県と接する。2005年(平成17)4月、宍粟郡の山崎町、一宮町、波賀町、千種町が合併して成立。江戸時代は山崎藩の陣屋町で、因幡街道が通じる交通の要衝。千種町は古くは砂鉄の産地として名高く、天児屋たたら公園に遺跡の復元模型がある。黒大豆の栽培や手延べそうめん製造が盛ん。製材・木工の地場産業がある。音水(おんずい)渓谷、赤西渓谷、最上山(さいじょうさん)公園は紅葉の名所。ちくさ高原ネイチャーランド、フォレストステーション波賀、ばんしゅう戸倉スノーパークなどのレジャー施設を中心とする観光業にも力を入れる。氷ノ山後山那岐山国定公園にある原不動滝は日本の滝100選に選定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県宍粟市の関連情報