コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県宍粟市 しそう〈し〉

1件 の用語解説(兵庫県宍粟市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕宍粟〈市〉(しそう〈し〉)


兵庫県中西部にある市。
揖保(いぼ)川上・中流域に位置し、北西部で鳥取県・岡山県と接する。2005年(平成17)4月、宍粟郡の山崎町、一宮町、波賀町、千種町が合併して成立。江戸時代は山崎藩の陣屋町で、因幡街道が通じる交通の要衝。千種町は古くは砂鉄の産地として名高く、天児屋たたら公園に遺跡の復元模型がある。黒大豆の栽培や手延べそうめん製造が盛ん。製材・木工の地場産業がある。音水(おんずい)渓谷、赤西渓谷、最上山(さいじょうさん)公園は紅葉の名所。ちくさ高原ネイチャーランド、フォレストステーション波賀、ばんしゅう戸倉スノーパークなどのレジャー施設を中心とする観光業にも力を入れる氷ノ山後山那岐山国定公園にある原不動滝は日本の滝100選に選定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県宍粟市の関連キーワード揖保川龍野加東熊本宍粟たつの姫路牧之原揖保川[町]安富[町]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県宍粟市の関連情報