コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故

1件 の用語解説(兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故

明石市の大蔵海岸で2001年12月30日午後0時50分ごろ、金月美帆ちゃん(当時4)が陥没した人工砂浜で生き埋めになり、翌年5月に亡くなった。美帆ちゃんは父親と帰省中で、2人で散歩をしていた。神戸地検は04年4月、国交省姫路河川国道事務所の当時の幹部2人と同市幹部2人の計4人を業務上過失致死罪在宅起訴。05年8月、国と市が遺族に8840万円の賠償金を支払う示談が成立した。

(2011-03-10 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県明石市の人工砂浜陥没事故の関連キーワード明石市明石原人明石城播磨潟ときわ明石市花火大会歩道橋事故明石市花火大会の歩道橋事故明石歩道橋事故明石人工砂浜陥没事故直良信夫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone