コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県明石市 あかし〈し〉

1件 の用語解説(兵庫県明石市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕明石〈市〉(あかし〈し〉)


兵庫県南部にある市。
明石海峡に臨み淡路(あわじ)島と対する。東経135度の日本標準時子午線上に位置する。2002年(平成14)4月より特例市。江戸時代小笠原氏10万石の城下町第二次世界大戦前から工業化し、戦後は住宅都市としても発展。川崎重工業などが進出。機械・輸送用機器・電機などの工場が操業。淡路島へ定期船・フェリー便がある。明石海峡大橋は淡路市と神戸市垂水区を結び、明石市に接していない。マダコの漁獲量は日本有数で、タコが入った明石焼き(明石の卵焼き)が名物料理。1995年の阪神淡路大震災では震源地に近く、11名の死者を出し、9000棟を超える建物が被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県明石市の関連情報