兵庫県朝来市(読み)あさご〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕朝来〈市〉(あさご〈し〉)


兵庫県北東部、但馬地方の南端に位置する市。
中国山地の東部に位置し、円山川・市川の源流を有する。2005年(平成17)4月、朝来郡の生野町、和田山町、山東町、朝来町が合併して成立。この合併により、朝来郡は消滅。JRの山陰本線・播但(ばんたん)線が通じる。木工家具・金属バネなどの工場がある。稲作のほか、ダイコン・タマネギなどの野菜を栽培。岩津ネギ、黒大豆を特産。スギやヒノキの林業も盛ん。多々良木ダムでは大規模な水力発電が行われる。5世紀前葉の円墳である茶すり山古墳や、竹田城跡は国指定史跡。1973年(昭和48)に閉山した生野銀山の炭鉱内は、整備され観光施設になっている。神子畑鋳鉄橋(みこはたちゅうてっきょう)は鋳鉄製の洋式橋としては日本最古のもので、国の重要文化財(近代化産業遺産)に認定されている。糸井渓谷の糸井の大カツラは国の天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県朝来市の関連情報