コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県洲本市 すもと〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕洲本〈市〉(すもと〈し〉)


兵庫県南部の市。
瀬戸内海東部にある淡路(あわじ)島中央部に位置し、大阪湾に面する。同島の行政・経済・交通の中心地。2006年(平成18)2月、旧・洲本市と津名(つな)郡の五色町と合併して現在の姿となる。この合併により、津名郡は消滅。江戸時代初期から、徳島藩家老稲田氏の城下町。明治期、紡績工場が進出、工業化が進展。電気・機械・金属などの工場がある。酪農・畜産・タマネギ栽培などの農業も盛ん。ノリ・ワカメの養殖が行われる。洲本温泉が湧く。三熊山、先山(せんざん)、由良町の成ヶ島(なるがしま)などは瀬戸内海国立公園に属する景勝地。五色浜(ごしきはま)・炬口(たけのくち)・大浜公園などの海水浴場がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

兵庫県洲本市の関連キーワード兵庫県洲本市五色町鮎原鮎の郷兵庫県洲本市五色町鮎原小山田兵庫県洲本市五色町鮎原葛尾兵庫県洲本市中川原町三木田兵庫県洲本市五色町鮎原宇谷兵庫県洲本市五色町鮎原栢野兵庫県洲本市五色町鮎原神陽兵庫県洲本市中川原町二ツ石兵庫県洲本市五色町鮎原田処兵庫県洲本市中川原町中川原兵庫県洲本市安乎町平安浦兵庫県洲本市中川原町市原兵庫県洲本市中川原町安坂兵庫県洲本市五色町鮎原上兵庫県洲本市安乎町山田原兵庫県洲本市安乎町宮野原兵庫県洲本市五色町鮎原下兵庫県洲本市中川原町厚浜兵庫県洲本市安乎町古宮兵庫県洲本市安乎町中田

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵庫県洲本市の関連情報