コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県神崎郡福崎町 ふくさき〈ちょう〉

1件 の用語解説(兵庫県神崎郡福崎町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕福崎〈町〉(ふくさき〈ちょう〉)


兵庫県南部にある町。中央を市川が流れる。神崎(かんざき)郡
モチムギの産地で、もちむぎ麺・もちむぎカステラなどを特産。JR播但線中国自動車道が通じる。柳田國男(やなぎたくにお)生家・三木家住宅・神崎郡歴史民俗資料館はいずれも県指定重要文化財。七種山(県指定名勝)は七種48滝で知られる。神積寺(木造薬師如来坐像は国指定の重要文化財)、柳田國男・松岡家記念館、八千種(やちくさ)自然活用村(春日山キャンプ場)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兵庫県神崎郡福崎町の関連キーワードサンイグナシオ中川村小京都つくばみらい南紀レッヒ新宮[町]太子[町]中津[村]室生[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone