コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県神戸市 こうべ〈し〉

1件 の用語解説(兵庫県神戸市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕神戸〈市〉(こうべ〈し〉)


兵庫県南東部にある、国際的港湾都市
六甲山地を占め、大阪湾に面する。同県の県庁所在地で、県の行政・産業・文化の中心。1956年(昭和31)9月より政令指定都市。東灘(ひがしなだ)、灘、兵庫、長田、須磨、垂水(たるみ)、北、中央、西の9行政区がある。古代には大輪田泊(おおわだのとまり)とよばれた地。平安時代には平清盛(たいらのきよもり)によって大規模な港湾修築が行われ、日宋貿易の拠点となる。中世には兵庫津とよばれ日明貿易で栄えたが、応仁の乱で衰退。江戸時代には西廻航路の寄港地として活気を取り戻した。日米修好通商条約の開港場として、1868年(慶応3)、兵庫港(のち神戸港)を開港。中心地も兵庫から神戸に移る。日本屈指の貿易量を誇る神戸港を中心に、港湾関連産業が発達。阪神工業地帯の一中心をなす。灘区は清酒、長田区はゴム製品の特産地。中央区生田町に行政機関が集積し、三宮(さんのみや)・元町地区は市内随一の繁華街を形成。神戸港沖に人工島のポートアイランド六甲アイランドがある。六甲山ドライブ・眺望の名所で、京阪神地方の一大行楽地。北麓に有馬温泉が湧く。中央区北野町の異人館周辺は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。
1995年(平成7)1月17日に発生した阪神淡路大震災では、死者4571名、建物の全半壊あわせて12万棟を超す大きな被害を出した。長田区では地震直後に発生した火災により、4000棟を超す家屋が全焼。ポートアイランド、六甲アイランドでは大規模な液状化現象が発生した。震災後、川崎製鉄所や神戸製鋼所などが移転した跡地の東部埋め立て地には新都心HAT(ハット)神戸が開発され、1998年より供用開始。2006年にはポートアイランドの南沖の人工島に神戸空港が開港するなど、復興が進んでいる。
北区
須磨区
垂水区
中央区
長田区
灘区
西区
東灘区
兵庫区

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県神戸市の関連情報