兵庫県美方郡香美町(読み)かみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕香美〈町〉(かみ〈ちょう〉)


兵庫県北西部にある町。南は但馬(たじま)山地が連なり、北は日本海に面する。美方(みかた)郡
2005年(平成17)4月、城崎(きのさき)郡の香住町と美方郡の村岡町、美方町が合併して成立。この合併により、城崎郡は消滅。キャベツ・ナシなどの栽培のほか、但馬牛などの畜産が盛ん。日本海側では底引き網漁や松葉ガニ漁が行われる。香住温泉・柴山温泉・佐津温泉などが湧く。海食崖(かいしょくがい)の香住海岸は国の名勝、西側の但馬御火浦(たじまみほのうら)は国の名勝・天然記念物に指定。南西部は氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園に属する。兎和野(うわの)高原はツツジの名所で、鉢伏(はちぶせ)山山麓にハチ北高原スキー場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android