コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県赤穂市 あこう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕赤穂〈市〉(あこう〈し〉)


兵庫県南西端にある市。
播磨灘(はりまなだ)に臨み、千種(ちくさ)川下流域に位置する商工業都市。江戸時代、浅野氏などの城下町、製塩地として発展。赤穂義士の町として知られ、国指定史跡の赤穂城跡や、赤穂藩主の菩提寺である花岳(かがく)寺、赤穂義士をまつる大石神社など旧跡が多い。伝統の塩業は化学製塩に代わり、塩田跡地に発電所やセメント・電機・耐火れんがなどの工場が進出。播磨工業地帯の西端。赤穂御崎・生島(いきしま)など海岸線は、瀬戸内海国立公園に属する景勝地。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県赤穂市の関連情報