コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵庫県赤穂市 あこう〈し〉

1件 の用語解説(兵庫県赤穂市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕赤穂〈市〉(あこう〈し〉)


兵庫県南西端にある市。
播磨灘(はりまなだ)に臨み、千種(ちくさ)川下流域に位置する商工業都市。江戸時代、浅野氏などの城下町、製塩地として発展。赤穂義士の町として知られ、国指定史跡の赤穂城跡や、赤穂藩主の菩提寺である花岳(かがく)寺、赤穂義士をまつる大石神社など旧跡が多い。伝統の塩業は化学製塩に代わり、塩田跡地に発電所やセメント・電機・耐火れんがなどの工場が進出。播磨工業地帯の西端。赤穂御崎・生島(いきしま)など海岸線は、瀬戸内海国立公園に属する景勝地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兵庫県赤穂市の関連情報