兵庫銀行[株](読み)ひょうごぎんこう

百科事典マイペディア「兵庫銀行[株]」の解説

兵庫銀行[株]【ひょうごぎんこう】

戦後初の破綻地銀。1912年兵庫県三木市に三木勧業(合資)として創業。1944年兵庫県下の三つの無尽会社が合併し,兵庫無尽として設立。1951年兵庫相互銀行に改称。1989年普通銀行に転換し兵庫銀行に改称。相互銀行・第二地銀のトップとして拡大路線を歩んだが,バブル破綻で系列ノンバンクが多額の債権を計上し赤字転落。大蔵省は元銀行局長・吉田正輝を頭取に送り込み再建を推進するが難航し,1995年8月に清算が決定。新設の〈みどり銀行〉に営業権を譲渡。1999年4月には阪神銀行と合併,みなと銀行となる。→破綻金融機関
→関連項目太平洋銀行[株]日銀特融

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android