其処許・其許・其元(読み)そこもと

精選版 日本国語大辞典の解説

そこ‐もと【其処許・其許・其元】

〘代名〙
① 他称。相手側の方角、場所をさし示す(中称)。はっきりさし示す場合と、ばくぜんとさし示す場合とがある。そのところ。そこ。そのへん。そこらへん。
※蜻蛉(974頃)下「中島の松をまばりたる女あり。そこもとに、紙のはしに書きて、かくおしつく」
※源氏(1001‐14頃)夢浮橋「居給へるけはひ異(こと)人には似ぬ心地すれば、そこもとに寄りて、たてまつりつ」
② 対称。多くは、武士がやや目上と思われる相手、同輩、もしくはそれ以下のものに対して用いた。まれに町人の使用例も見受けられるが、格式ばった言い方で、老人、家主などが用いた。時代がくだると待遇度も落ちた。そのもと。そこほど。
※雲形本狂言・法師が母(室町末‐近世初)「のおのおそこもとへ年のよわい廿斗の女の物おもひ顔にては行ぬ」
[語誌]→「そのもと(其許)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android