コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具体的普遍 ぐたいてきふへん

大辞林 第三版の解説

ぐたいてきふへん【具体的普遍】

ヘーゲルの用語。真に普遍的なものが自己を特殊化する弁証法的運動の中で自己自身であり続けること。悟性が現実を捨象して取り出してくる形式的・抽象的普遍に対する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

具体的普遍の関連キーワード定立・反定立・総合ヘーゲル止揚用語悟性

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android