具足始・具足初(読み)ぐそくはじめ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐそく‐はじめ【具足始・具足初】

〘名〙 武家で、男子が元服してはじめて甲冑を着用すること。また、その儀式。武功ある人を具足親とし、具足の着用が終わると、男子は張弓を弓杖にして左の足で三度拍子を踏み、南向に床几に座し三献を受けた。ふつう一二、三歳の頃に行なわれ、その儀式は出陣の法に準じ、肴の組様は帰陣の法に準じたという。
信長公記(1598)五「信長公の嫡男奇妙公御具足初に、信長御同心なされ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android