兼子 宙(読み)カネコ ヒロシ

20世紀日本人名事典の解説

兼子 宙
カネコ ヒロシ

昭和期の評論家 元・広島大学教授。



生年
明治42(1909)年1月26日

没年
平成1(1989)年1月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学心理学科〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和56年〕

経歴
昭和7年海軍技術研究所技師、21年労働省労政局調査員、23年人事院能率局長、28年広島大学教育学部教授、34年早稲田大学生産研究所教授、46年雇用促進事業団職業研究所長を歴任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android