兼松[株](読み)かねまつ

百科事典マイペディアの解説

兼松[株]【かねまつ】

1889年兼松房次郎が兼松房次郎商店を創業,1890年にはシドニーに支店を開設して羊毛の輸入を始め,対オーストラリア貿易の先駆となった。1913年兼松商店,1943年兼松と改称,1967年江商(ごうしょう)と合併して兼松江商となり,1990年現社名。大手総合商社の一角を占めてきたが業績の低迷が続き,1999年より電子・半導体と食料・食品を中心とした専門商社化への転換を図る。本社東京。2011年資本金277億円,2011年3月期売上高9368億円。売上構成(%)は,電子・IT27,食品・食糧29,鉄鋼11,機械・プラント7,環境・素材24,その他2。
→関連項目総合商社

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android