コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質 ないぶんぴつかくらんぶっしつ

大辞林 第三版の解説

ないぶんぴつかくらんぶっしつ【内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質】

いくつかの有機塩素化合物やプラスチック分解物など、ホルモンに類似した作用を持つ合成化学物質。女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つものが多い。生分解されないので環境への残留や生物濃縮を起こし、動物や人間の生殖機能や代謝機能を攪乱する。外因性内分泌攪乱物質。環境ホルモン。環境エストロゲン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質の関連キーワード外因性内分泌攪乱(かくらん)物質環境エストロゲン有機塩素化合物環境ホルモン生物濃縮作用

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android