内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質(読み)ないぶんぴつかくらんぶっしつ

大辞林 第三版の解説

ないぶんぴつかくらんぶっしつ【内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質】

いくつかの有機塩素化合物やプラスチック分解物など、ホルモンに類似した作用を持つ合成化学物質。女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つものが多い。生分解されないので環境への残留や生物濃縮を起こし、動物や人間の生殖機能や代謝機能を攪乱する。外因性内分泌攪乱物質。環境ホルモン。環境エストロゲン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android