コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質 ないぶんぴつかくらんぶっしつ

大辞林 第三版の解説

ないぶんぴつかくらんぶっしつ【内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質】

いくつかの有機塩素化合物やプラスチック分解物など、ホルモンに類似した作用を持つ合成化学物質。女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持つものが多い。生分解されないので環境への残留や生物濃縮を起こし、動物や人間の生殖機能や代謝機能を攪乱する。外因性内分泌攪乱物質。環境ホルモン。環境エストロゲン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内分泌攪乱物質・内分泌撹乱物質の関連キーワード外因性内分泌攪乱(かくらん)物質環境エストロゲン有機塩素化合物環境ホルモン生物濃縮作用

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android