コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内反肘/外反肘 ないはんちゅうがいはんちゅう Cubitus Varus(Deformity)/ Cubitus Valgus(Deformity)

1件 の用語解説(内反肘/外反肘の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ないはんちゅうがいはんちゅう【内反肘/外反肘 Cubitus Varus(Deformity)/ Cubitus Valgus(Deformity)】

[どんな病気か]
 手のひらを上に向けて肘(ひじ)を伸ばしたとき、肘より手のひらがやや外にあるのが正常です(図「正常な肘」)。
 これを生理的外反肘といいますが、正常な位置を越えて、さらに外側に手のひらがくる場合を、外反肘と呼んでいます(図「外反肘」)。
 逆に、肘よりも手のひらが内側にくるものは内反肘といいます(図「内反肘」)。
 どちらも、多くの場合、子どものころの骨折が原因となり、うまく整復されなかったことによるものと考えられます。
[治療]
 ほとんどの場合、外見が問題となるだけで、日常生活のうえでの機能が問題となることは、あまりありません。
 しかし、まれに、肘の変形が原因となって、手のしびれがおこることがあります。このような症状が現われた場合には、手術が必要になることもあります。
 このしびれは、肘の変形によって、肘を通る神経(おもに尺骨神経(しゃっこつしんけい))が圧迫されておこるもので、遅発性尺骨神経(ちはつせいしゃっこつしんけい)まひと呼ばれます。
 この場合には、神経の圧迫を取り除くため、神経を剥離(はくり)したり、骨の一部を削ったりする手術が必要になることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

内反肘/外反肘の関連キーワード肩を竦める順手施無畏印手を翻せば雲となり手を覆せば雨となる何心地掌底手の平手の平を返す逆手握りオーバーグリップ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone