コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内反肘/外反肘 ないはんちゅうがいはんちゅうCubitus Varus(Deformity)/ Cubitus Valgus(Deformity)

1件 の用語解説(内反肘/外反肘の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ないはんちゅうがいはんちゅう【内反肘/外反肘 Cubitus Varus(Deformity)/ Cubitus Valgus(Deformity)】

[どんな病気か]
 手のひらを上に向けて肘(ひじ)を伸ばしたとき、肘より手のひらがやや外にあるのが正常です(図「正常な肘」)。
 これを生理的外反肘といいますが、正常な位置を越えて、さらに外側に手のひらがくる場合を、外反肘と呼んでいます(図「外反肘」)。
 逆に、肘よりも手のひらが内側にくるものは内反肘といいます(図「内反肘」)。
 どちらも、多くの場合、子どものころの骨折が原因となり、うまく整復されなかったことによるものと考えられます。
[治療]
 ほとんどの場合、外見が問題となるだけで、日常生活のうえでの機能が問題となることは、あまりありません。
 しかし、まれに、肘の変形が原因となって、手のしびれがおこることがあります。このような症状が現われた場合には、手術が必要になることもあります。
 このしびれは、肘の変形によって、肘を通る神経(おもに尺骨神経(しゃっこつしんけい))が圧迫されておこるもので、遅発性尺骨神経(ちはつせいしゃっこつしんけい)まひと呼ばれます。
 この場合には、神経の圧迫を取り除くため、神経を剥離(はくり)したり、骨の一部を削ったりする手術が必要になることがあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone