コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内定辞退

1件 の用語解説(内定辞退の意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

内定辞退

公にはなっていないが、
正式決定の前に採用や役職への就任が決まったものの、
本人の都合でそれを辞退する、取り消す事を言います。

転職、就職活動の場面においての内定辞退とは、
求職者が雇用契約の申し込みを行い、
採用企業が求職者に対して内定通知を行い、
求職者が内定を承諾、その後求職者の都合により内定を辞退する事を言います。

内定が成立した時点で、雇用契約が成立されたこととなるため、
内定辞退は契約の不履行にあたる意味を持つ。

しかしながら、憲法上の職業選択の自由のもとに保護されているため、
求職者が一度得た内定を辞退する事は可能となります。

注意したいのは、求職者が内定を承諾した後は、
採用企業側も受け入れ準備を行うという点。

これまでに入社直前に内定を辞退し、
採用企業側から損害賠償を求められたケースもあります。

内定を承諾する際は慎重に意思決定を行うともに、
責任ある対応も求められているのです。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内定辞退の関連キーワード決定論膀胱内定違いない目が離せない若し其れはない年に不足はない花筐裁判員法101条

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内定辞退の関連情報