コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内曇り・内曇 うちぐもり

大辞林 第三版の解説

うちぐもり【内曇り・内曇】

上下に雲形を漉き出した鳥の子紙。色紙・短冊として用いる。普通は上部が青色、下部は紫色、仏事の際には上下を反対にする。雲紙。
杯の一種。内側に黒く三つ星の模様を焼いたもの。
京都鳴滝山より出る砥石といし。淡黄色に紫の模様がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内曇り・内曇の関連キーワード鳥の子紙三つ星模様仏事雲形上下

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android