コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内浦海域公園地区 うちうらかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内浦海域公園地区
うちうらかいいきこうえんちく

石川県北部能登町能登半島国定公園の海域。1971年九十九湾海中公園地区として指定され,1982年内浦海中公園地区に名称変更。2009年法改正により,現名称に変更。面積 0.32km2(3地区)。ホンダワラ,クロメ,アマモなどの海藻林や海草原が見られる。ウミタナゴスズメダイイシダイなどの魚類も豊富。ムツサンゴが広く分布し,オウギフトヤギ,オオギウミヒドラ,カイメン類など特異な生物相を示す。(→海域公園地区

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android