内海 重典(読み)ウツミ シゲノリ

20世紀日本人名事典の解説

内海 重典
ウツミ シゲノリ

昭和・平成期の演出家,劇作家 宝塚歌劇団名誉理事。



生年
大正4(1915)年11月10日

没年
平成11(1999)年3月1日

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
関西学院中等部〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
兵庫県文化賞〔昭和48年〕,勲四等瑞宝章〔昭和62年〕

経歴
大阪逓信局に勤務ののち、投稿した脚本「ふるさとの唄」が採用され、昭和14年宝塚歌劇団に入団。同年「高原の秋」で演出家デビュー。22年春日野八千代、乙羽信子コンビによる「南の哀愁」、24年越路吹雪の「ブギウギ巴里」など立て続けにヒットを飛ばした。36年より理事。宝塚音楽出版社社長なども務めた。手がけた作品は「船遊女」「若草物語」「嵐が丘」「ベルサイユのばら」など。また40年大阪万博の開会式、56年ポートピア’81、60年ユニバーシアード神戸大会の開会式プロデューサーもつとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

内海 重典 (うつみ しげのり)

生年月日:1915年11月10日
昭和時代;平成時代の演出家;劇作家
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android