内藤 勝(読み)ナイトウ マサル

20世紀日本人名事典の解説

内藤 勝
ナイトウ マサル

昭和期の統計学者



生年
明治38(1905)年2月11日

没年
昭和47(1972)年5月18日

出生地
山梨県甲府市

学歴〔年〕
京都帝大法学部〔昭和8年〕卒

経歴
東京府、商工省勤務を経て、戦後統計委員会事務局に勤め、事務局局長となり、統計制度の確立と、新体系の諸経済統計整備に尽力。昭和24年東京大学教養学部助教授、32年経済学部教授。34年財団法人統計研究会理事。40年東大を定年退職。立正大学経済学部教授となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android