内藤 多喜夫(読み)ナイトウ タキオ

20世紀日本人名事典の解説

内藤 多喜夫
ナイトウ タキオ

大正・昭和期の俳人 名城大学薬学部教授。



生年
明治33(1900)年2月5日

没年
昭和51(1976)年5月12日

出生地
岐阜県大垣市

別名
俳号=内藤 吐天(ナイトウ トテン),別号=萱雨亭

学歴〔年〕
東京帝大薬学科〔大正13年〕卒

学位〔年〕
薬学博士

経歴
朝比奈泰彦門下。東京薬専教授、鳴海薬専校長、名古屋市立大学薬学部教授、同薬学部長を経て、名城大学薬学部教授。一方俳句を志田素琴、のち大須賀乙字に師事、詩を日夏耿之介、堀口大學に学んだ。「草上」を経て素琴主宰の「東炎」同人、昭和21年「早蕨」を創刊主宰した。句集に「落葉松」「早蕨」「鳴海抄」「点心」「臘八」、著書に「古俳句評釈」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

内藤 多喜夫 (ないとう たきお)

生年月日:1900年2月5日
昭和時代の薬学者;俳人。名城大学教授;名古屋市立大学教授
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android