内藤護道(読み)ないとう もりみち

美術人名辞典の解説

内藤護道

室町中期の武将・連歌師。長門守護代内藤正賀の子。通称は孫七・内蔵助、法名は宗俊。周防守護大内氏の家臣。宗祗の筑紫旅行の世話に当り、宗祗・大内政弘らと共に「何船百韻」に同座。上京して、宗祗・兼載らと連歌を催す。また、兼載の『聖廟法楽千句』に注を加えた。生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android