コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤護道(読み)ないとう もりみち

美術人名辞典の解説

内藤護道

室町中期の武将・連歌師。長門守護代内藤正賀の子。通称は孫七・内蔵助、法名は宗俊。周防守護大内氏の家臣。宗祗の筑紫旅行の世話に当り、宗祗・大内政弘らと共に「何船百韻」に同座。上京して、宗祗・兼載らと連歌を催す。また、兼載の『聖廟法楽千句』に注を加えた。生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android