コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤護道 ないとう もりみち

1件 の用語解説(内藤護道の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

内藤護道

室町中期の武将・連歌師。長門守護代内藤正賀の子。通称は孫七・内蔵助、法名は宗俊。周防守護大内氏の家臣。宗祗の筑紫旅行の世話に当り、宗祗・大内政弘らと共に「何船百韻」に同座。上京して、宗祗・兼載らと連歌を催す。また、兼載の『聖廟法楽千句』に注を加えた。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内藤護道の関連キーワード宅間憲俊守護代宗砌連歌師赤井家清内藤正興内藤正弼内藤正敬長瀬泰貞遊佐国長

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone