コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤護道 ないとう もりみち

美術人名辞典の解説

内藤護道

室町中期の武将・連歌師。長門守護代内藤正賀の子。通称は孫七・内蔵助、法名は宗俊。周防守護大内氏の家臣。宗祗の筑紫旅行の世話に当り、宗祗・大内政弘らと共に「何船百韻」に同座。上京して、宗祗・兼載らと連歌を催す。また、兼載の『聖廟法楽千句』に注を加えた。生歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android