コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸への避難

1件 の用語解説(内陸への避難の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

内陸への避難

復興庁のまとめによると、家を失ったり、原発事故からの避難のために震災前に住んでいた沿岸の市町村を離れるなどし、内陸に移動した被災者が約18万7千人いる。プレハブ応急仮設住宅ではなく、県が借り上げた民間賃貸住宅公営住宅などの「みなし仮設」に、家賃補助を受けて入居している。入居期限は3年間。

(2013-01-11 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内陸への避難の関連キーワード浪人鰥寡鰥寡孤独浪士纏め復興推進会議復興大臣東日本大震災事業者再生支援機構変敗油脂原爆孤児

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内陸への避難の関連情報