コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円仁(慈覚大師)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

円仁(慈覚大師)

40代半ばで中国に渡った。帰国後は天台宗の座主となり、密教など持ち帰った新しい仏教を広めた。開祖や中興などと仰ぐゆかりの寺は、東京の浅草寺、長野の善光寺、日光の輪王寺など数多い。「入唐求法巡礼行記」は全4巻。米国の駐日大使を務めたライシャワー博士が英訳し、歴史的な価値は玄奘(げんじょう)三蔵の「大唐西域記」、マルコ・ポーロの「東方見聞録」をもしのぐと紹介した。

(2010-07-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

円仁(慈覚大師)の関連キーワード山門派・寺門派引声阿弥陀経現図曼荼羅大光普照寺性海(1)目黒不動入唐八家大白衣法清浄華院慈覚大師引声念仏湯郷温泉首楞厳院喜多院清澄寺寺門派立石寺来迎院大山寺神武寺

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android