コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円仁(慈覚大師)

1件 の用語解説(円仁(慈覚大師)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

円仁(慈覚大師)

40代半ばで中国に渡った。帰国後は天台宗の座主となり、密教など持ち帰った新しい仏教を広めた。開祖や中興などと仰ぐゆかりの寺は、東京の浅草寺、長野の善光寺、日光の輪王寺など数多い。「入唐求法巡礼行記」は全4巻。米国の駐日大使を務めたライシャワー博士が英訳し、歴史的な価値は玄奘(げんじょう)三蔵の「大唐西域記」、マルコ・ポーロの「東方見聞録」をもしのぐと紹介した。

(2010-07-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円仁(慈覚大師)の関連キーワード佐藤大寛孝暢義天レッグ義真進貢船六祖四明天台円修寛昌

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円仁(慈覚大師)の関連情報