コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円如法道 えんにょ ほうどう

美術人名辞典の解説

円如法道

江戸後期の浄土宗の僧。別号に蓮菴。京都西円寺法岸に請われて出家。法兄託阿法洲に学び、また江戸に入って教学を修めた。西円寺に住し、法洲の遺嘱を受け諸々に講議し、知恩院貫主に挙げられたが辞して赴かなかった。文久3年(1863)寂、60 才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android