コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円満院祐常 えんまんいん ゆうじょう

1件 の用語解説(円満院祐常の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

円満院祐常

江戸中期の僧。近江円満院三十七世。関白二条吉忠の三男、母は栄子内親王。法諱は祐常、号は月渚・素円・由清。大僧正に至る。円山応挙を近習に迎え自身が画を学ぶ一方、その蔵画を応挙に臨模せしめ「牡丹孔雀図」「難福図巻」等を描かせるなど、応挙様式の草創期といえる円満院時代を援助した。安永2年(1773)寂、51才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

円満院祐常の関連キーワード近衛基熙翠岩承堅乗如上人拙叟宗益壇誉上人直齋龍門宗禹沙門日東円満院行悟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone