コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円満院祐常 えんまんいん ゆうじょう

美術人名辞典の解説

円満院祐常

江戸中期の僧。近江円満院三十七世。関白二条吉忠の三男、母は栄子内親王。法諱は祐常、号は月渚・素円・由清。大僧正に至る。円山応挙近習に迎え自身が画を学ぶ一方、その蔵画を応挙に臨模せしめ「牡丹孔雀図」「難福図巻」等を描かせるなど、応挙様式の草創期といえる円満院時代を援助した。安永2年(1773)寂、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android