コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円禧上人 えんき しょうにん

美術人名辞典の解説

円禧上人

江戸後期の真宗高田派の僧。専修寺第二十世。伊勢専修寺円祥の子。字は徳舟、謚号は清浄楽院宮。有栖川宮韶仁親王猶子となる。のち大僧正となり、親鸞六百回忌を行った。文久元年(1861)寂、44才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android