コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円空(1632~95)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

円空(1632~95)

江戸時代前期の寛永9年、美濃国(現在の岐阜県羽島市)で生まれたとされる修験道遊行僧。東海、奈良、関東、東北、北海道で布教しながら、30歳を過ぎてから庶民のためにナタなどで神仏像を彫り始めた。粗削りで、角度によってさまざまな笑みに見える顔の表情が特徴。晩年は現在の岐阜県関市弥勒寺住職として過ごし、元禄8年に長良川河畔で入定した。

(2014-05-06 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

円空(1632~95)の関連キーワード群馬県みどり市大間々町浅原愛知県津島市天王通り岐阜県羽島市上中町中飛騨高山まちの博物館岐阜県関市洞戸高賀岐阜県関市池尻平成の円空彫り木喰五行明満岐阜県郡上市上之保[村]西洞院時慶関市円空館土屋 常義三輪 年朗羽島(市)平多 正於橋本平八佐藤芳江高安美子藤原基良

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android