コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円行(2) えんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円行(2) えんぎょう

?-? 平安時代後期,白河天皇の皇子。
行尊の弟子となり,園城(おんじょう)寺にはいる。長承元年(1132)法眼(ほうげん)となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円行(2)の関連キーワード白河天皇皇子行尊