円谷 英二(読み)ツブラヤ エイジ

20世紀日本人名事典の解説

円谷 英二
ツブラヤ エイジ

昭和期の特撮監督,映画監督 円谷プロダクション創立者。



生年
明治34(1901)年7月5日

没年
昭和45(1970)年1月25日

出生地
福島県岩瀬郡須賀川町

本名
円谷 英一

学歴〔年〕
須賀川町立第一尋常高小〔大正5年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本カメラマン協会賞(特殊技術賞)〔昭和15年〕「燃ゆる大空」,日本映画技術賞〔昭和29年・32年・34年・38年・40年・41年〕,勲四等瑞宝章

経歴
日本飛行学校、神田電機学校に学び、大正8年天活(9年国際活映に変更)に撮影技師として入社。14年松竹京都撮影所に移り、撮影助手・カメラマンをつとめ、昭和7年日活を経て、9年JOスタジオ(東宝の前身)に入社、11年監督デビュー。12年日独合作映画「新しき土」で日本初の本格的スクリーンプロセスを完成。同年東宝に転じ、特殊技術課を創設。「燃ゆる大空」「ハワイ・マレー沖海戦」「加藤隼戦闘隊」などの航空戦記映画の特殊技術を担当、特撮の魅力を認めさせた。戦後は、公職追放でフリーとなり、大映の「虹男」「透明人間現わる」などの特撮担当後、27年東宝に復帰。29年日本初の怪獣映画「ゴジラ」を製作し大ヒットを飛ばす。以来「空の大怪獣ラドン」「モスラ」、テレビ「ウルトラQ」「ウルトラマン」(監修)などで映画、テレビに“怪獣ブーム”をまき起した。38年に円谷特技プロ(のち円谷プロダクション)を設立し、社長に就任。特撮映画を製作するとともに、多くの特撮マンを育てた。他の作品に「地球防衛戦」「日本誕生」「世界大戦争」「大盗賊」「怪獣大戦争」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

円谷 英二 (つぶらや えいじ)

生年月日:1901年7月5日
大正時代;昭和時代の特撮監督;映画監督
1970年没

円谷 英二 (つぶらや えいじ)

生年月日:1901年7月7日
昭和時代の特撮監督;映画監督。円谷特技プロ社長
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円谷 英二の関連情報