コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再び・二度(読み)ふたたび

大辞林 第三版の解説

ふたたび【再び・二度】

同じ動作状態などの重なること。にど。副詞的にも用いる。 「同じ事を-三度みたびと繰り返す」 「 -巡ってきた絶好のチャンス」
二度目。 「 -の御祓へのいそぎ/源氏
生まれかわり。再来。 「大師の-と、これをおろかにせざりしに/浮世草子・織留 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる